鉄道模型は観賞用として飾るだけではなく制御することも大きな魅力

鉄道というものはものすごく身近なもので誰でも目にする機会は多い乗り物ですが、その姿に魅力を感じて鉄道模型をコレクションしている人も少なくありません。また、ただ見ているだけではなく、実際に模型を制御してその走る姿を見て楽しんでいる人も今は本当に多いです。

自分のお気に入りの車両を線路の上で走らせる感動は大きいでしょう。ここではその魅力を紹介していきます。

子供の頃に抱いていた夢に近付くことができる鉄道模型

鉄道の魅力はたくさんありますから、人それぞれ感じ方も違ってきます。例えば、実際の鉄道車両に乗ったり、車両の美しい姿をカメラで撮影したり、鉄道模型を集めたりと、楽しみ方は実に様々です。鉄道模型を自分の部屋の棚などに飾り、時折眺めることで心が癒されるという事もあるでしょう。

こうした時間はけっこう大切なものです。特に、忙しない毎日を送っている現代人には安らげる時間と場所というものが必要になります。鉄道模型はそんな時の大きな助けになるでしょう。また、飾ってある鉄道模型を眺めるのもいいのですが、それを実際に線路の上で走らせ自分で制御するという楽しみ方もあります。

こうした気持ちは何も子供だけではなくて立派な大人でも心のどこかにはあるものです。つい時間を忘れて見入ってしまうこともあるでしょう。また、子供の頃に鉄道の運転手に憧れていた方も少なくないはずです。現代ではそういう夢をいつまでも大切にしている大人たちが物凄く沢山います。

そうした夢に一歩でも近付けるのがこの鉄道模型なのです。

自分で自由に風景を作ってお気に入りの車両を走らせるという楽しみ方もできる

自分でお気に入りの車両を制御して線路の上を走らせたいならば、今は鉄道模型の基本セットというものもありますので、これを購入すれば初心者でも簡単に鉄道模型を制御することが可能です。部屋の中に線路をつないで車両をその上に乗せればいつでも出発できます。

この線路をつないでいる間も楽しいものです。また、線路はただ長くつなげるだけではなく、駅舎やホームを始め、信号機、踏切、住宅、そして自然の景色など様々な風景がありますから、それらを好みで選んで設置するのもいいでしょう。

特に、自然の中を走り抜ける鉄道はまるで絵画のように美しいものですが、山や川、花、樹木、神社などを自由に作る事ができます。鉄道模型の専門店へ行けばこの他にも人や動物といったパーツも揃っていますので、背景も自分の好みの通りに作る事が可能です。

例えば、どうしても忘れられない思い出の場所などを鉄道模型で再現してみることも楽しいでしょう。こうしたジオラマで風景を作ってお気に入りの車両を走らせるという楽しみ方ができるのも、この鉄道模型の大きな魅力と言えます。

鉄道模型収集の大きな魅力はデザインや細かなパーツがリアルな事

鉄道模型を趣味として集めている方も昔から沢山いますが、模型自体の魅力は何と言っても車両の細部まで再現されている点ではないでしょうか。その美しさに魅せられてしまうケースが多いです。車両の全体的なデザインは勿論の事、連結部分や細かいパーツもリアルに再現されていますのでファンには堪らないでしょう。

あたかも本物の車両を目の当たりにしているような気持ちにまでしてくれます。ましてやそれを自分の手で制御することができるのですから、鉄道模型の虜になってしまうのも当然だと言えるでしょう。今はこうした鉄道模型もかなり充実していますが、ここ日本では昔から数多くの鉄道模型が登場しています。

鉄道模型のファンは昔からいますので、本格的なコレクターならばそれら全ての車両を集めたいと思っている方も中にはいるでしょう。しかし、これはなかなか大変な事です。当然の事ですがそれには莫大な時間と費用がかかってしまいます。

鉄道模型の中にはプレミアがついている車両もありますから簡単には手に入れることはできないのが現実です。確かにそうした希少価値のある鉄道模型をコレクションするのも醍醐味と言えますが、自分の好きな車両を優先的に揃えるだけでも充実感を得ることができるでしょう。

自分だけのシチュエーションでお気に入りの車両を走らせる魅力

前述したように鉄道模型の大きな楽しみ方であるジオラマは、鉄道模型専門店などで買い揃えるだけが全てではありません。本当にジオラマを楽しみたいという人は自分の手で様々なシチュエーションを創作しています。この作り方には特に決まりはなく、自分が理想とするシチュエーションを勝手に創り出せばいいわけです。

そのためには様々な素材を上手に利用してリアルに再現していきます。例えば発砲スチロールや段ボール、石、砂、そして割り箸などを使っても創り出す事は十分に可能です。自分が理想とするジオラマを創り出す事ができたら、次はいよいよ実際に車両を走らせる段階に入ります。

お気に入りの車両が理想とする風景の中を走り抜けている姿を眺めるのも最高ですが、ここはカメラで撮影するのも楽しいでしょう。動画で車両が走っているシーンを追うのも素晴らしいです。これは昔ながらの鉄道ファンの醍醐味ではないでしょうか。

さらに、ちょっと工夫を凝らして実際の青空をバックにして撮影すれば、自然の光による演出ができますから、あたかも本物の鉄道を撮影しているような感じになります。

合わせて読む:鉄道模型の仕組みとギャップを使ったジオラマの発展について

鉄道模型のレンタルレイアウトのショップでお気に入りの車両を走らせる

こうした鉄道模型を制御したいという鉄道ファンはこの世の中には本当に多くいます。自宅で自分だけのシチュエーションでジオラマを創り出して線路の上を走らせている方もいますが、残念ながらそういう創作の時間がないという忙しい方もこの現代にはいるわけです。

そういう方々のために今はレンタルレイアウトを使用するという手段があります。鉄道模型のレンタルレイアウトと言えば、これまでは大手鉄道模型店などに併設されている場合が殆どでしたが、最近ではレイアウト自体を主流に据えているショップも増えてきたのです。

鉄道模型のレンタルレイアウトでは、エンドレスに敷かれた模型レールにそのショップ独自のセンスを活かしたジオラマを配しています。その中を自分のお気に入りの車両が走り抜けるわけです。レンタルレイアウトを利用する時にはその線路を借りるわけですから時間いくらで借りて、自分の持ち込んだ鉄道模型を走らせて運転を楽しむことができます。

今はこうした鉄道模型のレンタルレイアウトのショップは全国に点在していますから、最寄りのショップを調べて利用するのもいいでしょう。ちなみに、その殆どのショップでは普及率が最も高いNゲージの鉄道模型が主流となっています。

投稿日: